2018年04月01日

飼い主@内視鏡検査

飼い主、先日胃と腸の内視鏡検査を受けてきました👀

昔から胃の調子が悪くなり易いので、ここ数年は毎年1回受ける様にしています🏨

以前は胃カメラだけやっていたんですが、実は私は胃カメラが大の苦手でして・・・
いえ、あれが好きだとか得意中の得意だとかいう人の方が少ないとは思いますが
それにしてもひどくて、やってる間中「オエーッ」と、えずきっぱなし💦
涙と鼻水とよだれが、もう穴と言う穴から全部出ちゃう、みたいな
麻酔の注射を打ってもらっても全然効かなくて、検査が終わった途端に寝るという
とにかく毎回地獄の苦しみだったんです

どうやら喉の反射が強いらしくて、鼻からやってみたりもしましたが
結局喉を通過することに変わりはないので・・・

という訳で、最近は全身麻酔をかけて検査をしています

私が行っている検査センターでは、午前中に麻酔をかけて胃カメラをして
その際に直接胃の中に下剤を注入
目が覚めたらトイレに行ってお腹の中を空っぽにして
午後からはまた麻酔をかけて腸カメラ という段取りです
寝ている間に検査が終わってしまうので、苦しみは感じません

ただ、午前の検査の後、腸の検査に入る前に検問がありまして・・・🚻

お腹の中が完全にきれいになったかどうかを確認する為に
出したモノを確認しなくちゃいけないんですね
大抵は写真がチャートになったものを渡されて
「便が5番の状態になったら教えてください」とか言われて
つまり自己申告する訳なんですが
この検査センターはチェックが厳しくて
必ず看護師さんに直接見てもらわなくちゃいけないんですよ~

何度かトイレに通いまして「これなら大丈夫」と自信がついたところで
呼び出しボタンを押すと看護師さんがやってきて
便器の中をチェックするという、なんともかんとも・・・

それでですね~
去年の検査の時は何故か私は下剤の効きが悪くてなかなかOKがもらえなくて
呼び出しすること数回、その度に段々チェックする看護師さんが増えて行って
最後には男性含めて3名が便器を囲んで品評会状態
人生最大の恥でございましたわ

今年もまたあの恐怖のウ●コ鑑賞会が開かれるのかと内心ドキドキでしたが
今回は幸い一回で合格致しました

で、その全身麻酔なんですが
午前中に検査室に入って静脈に設置したポートに麻酔が注入されて
腕の血管に冷たいものが入って、胸元から喉の辺りが少し熱くなったと思ったら
あっという間に眠ってしまったまでは去年と同じですが
今年は麻酔の効きが強かったのか、その後検査が終わった記憶が無いんです
気が付いたら待合室のソファに座ってました
安全な検査とは言っても、ちょっと怖いですね

で、検査の結果・・・

なんと、胃の中に純金のポリープが出来ていました

摘出したら10gくらいあったので
犬の医療費の足しにしたいと思います


・・・なんちって~

今日は4月1日でした

ちなみに検査の話は実話です






posted by 雨 at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください