2010年03月31日

ヨーキーブローチ☆出来ました

先日ポコのブローチを作った時に𕾜
以前実家にいたヨーキーのテリーのブローチも作ってもらいました𕾗

10022122 066.jpg
ヨーキーも可愛いかわいい

モデル写真はこちらです𕿀

s-terry1.jpg

5年ほど前に15歳で旅立ったテリーぴかぴか(新しい)
このブローチは大ママへのプレゼントですプレゼント
posted by 雨 at 16:19| Comment(0) | わんこグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポコちん眠いの~

春間近とは言え、まだ朝は寒いです晴れ

特に美容院でマルガリータされたばかりの男子には寒さがこたえるらしくあせあせ(飛び散る汗)、朝ごはんの用意が出来てもなかなか出てきません𕾙



s-100331 005.jpg
ボケづらだ・・・𕾵あせあせ(飛び散る汗)
posted by 雨 at 16:04| Comment(2) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ムクイヌ?

2010032721010000.jpg

ムッシュかまやつか?(^^;
posted by 雨 at 21:02| Comment(3) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忠犬こーちゃん!

いつでも常に飼い主の目線の先でじっと声を掛けてもらうのを待っている揺れるハート忠犬・こーちゃん𕾘

10022122 002.jpg
「飼い主はん、こっち向いて・・・かわいい



こーちゃんが一生懸命に走って来る間に、直前までダラダラ寝てたニュー親子が素早く先回りしちゃうんですよね~あせあせ(飛び散る汗)


こーちゃんの血液検査と腹部のエコー検査をしました病院

先月、リンの数値が高くなっていたので𕾿、フードに加えていたサプリメント等をやめてみました𕾙

そのせいかどうか、今回はリンの数値が下がってました𕿀
サプリメントはとりあえずやめる事にして、しばらく経過を見ていこうと思います𕾘

腹部エコーでは胆泥の状態をチェック目
若干の貯留はあるみたいなので、利胆剤は継続となりました𕾣

その他の血液検査の状態は問題なしで、フィラリアも(-)手(チョキ)

あとは背中にある大きめのイボを液体窒素で取るかどうか、ちょっと検討中です𕾢
posted by 雨 at 12:30| Comment(2) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

ライカ去りしのち・・・☆

今日で四十九日になりましたひらめき

東京は桜が咲き始めましたね𕾦

桜の花が見ごろになったら、ライカと一緒にお花見に行こうと思います𕾘

s-032649th 002.jpg
お友達から頂いたお花を飾りましたかわいい

また、葬儀の折にも沢山のお花をありがとうございましたm(_ _)m
皆さまにお気遣い頂くのは申し訳ないと思い、ブログには掲載していませんでしたが、きれいなお花に囲まれてライカもとてもうれしそうでした揺れるハート

「わらわはうれしいぞよ𕾬」


シオンの発作もご心配いただいてすみません𕾢

5分近い大きな発作でしたが爆弾、幸いその後は落ち着いている様で重積発作には至らなかった事にほっとしていますあせあせ(飛び散る汗)

ジャニーズ先生からも、薬でコントロールしていても月に1度程度の発作は止む負えないと言われていますので病院、今後も日々の様子に良く気をつけていきたいと思います手(チョキ)

発作の無い時には元気なシオンですグッド(上向き矢印)

しかも何故かお花が大好き黒ハート



食べるんかーいむかっ(怒り)
posted by 雨 at 10:38| Comment(6) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

【本】「悼む人」

2010031618230000.jpg

去年の秋頃、図書館に予約したら50人以上待ってる人がいてがく〜(落胆した顔)

こりゃあ駄目だと思っていたら、ルナママさんが貸してくれました手(チョキ)

直木賞受賞作としてはもちろんですが、
イギリス人女性の殺害容疑者で整形手術して逃亡してた人が
この本の表紙の切り抜きを持ってたとかで話題になりましたねあせあせ(飛び散る汗)


亡くなった人を悼む旅をする男性の物語です。

新聞等に出ている死亡記事を元に、その人が亡くなった場所に行き
回りの人にその人が「誰を愛し誰に愛され感謝されたか」を尋ねて
その人をかけがえのない一人として「悼む」という事を続ける主人公・静人。

小説は、悼む人である静人本人と、彼の母親、彼に興味を持つ雑誌記者
彼と出会って旅に同行する事になる殺人を犯した過去のある女性の視点で語られていきます目

彼が人を悼む様になったのには、子供の頃からの色々な事情があるのですが…

作者の天童荒太さんが7年を費やして書いた力作という事で、
「見ず知らずの亡くなった人々を分け隔て無く全国悼んで歩く人」
というアイデアは面白いと思いましたし、分厚い本でも最後まで飽きずに読む事が出来ました新幹線

ですが・・・

この本に登場する多くの人と同じ様に、私も静人の「悼む」という行為が
イマイチ良くわからないと言うか、もうひとつ共感出来ないというか
読み終わって何となくすっきりしないものが残るのは何故なのでしょう𕾵

確かに、残念ながら現代の私たちの生活の周りには沢山の死があって
その多さの故に、ひとりひとりの死者に対して鈍感になっているのかもしれません。

昔は人身事故で電車が遅れると聞くと、事故なのか自殺なのか、
もし自殺なら一体どんな事情で死ななければならなかったのか・・・
等と亡くなった方にしばし思いを馳せたものですが、最近はともすれば、亡くなった方を悼むよりも「いつになったら電車のダイヤが平常に戻るのか」の方が気になってしまったりする事があるんですよねふらふら

だから静人が誰彼の区別なく、また事故自殺事件等の死因も問わずに
全ての亡くなった人を平等に隔てなく悼みたいというのは
そういう「名も無き死」に慣れてしまった現代に対するメッセージなのかなとは思うのですが・・・

でも静人は死者に対して真摯であろうとする反面、生者に対してはどうも無神経過ぎる様に見えてしまうんですよねバッド(下向き矢印)

事故や事件等で突然命を奪われた人の遺族は、その死の理不尽さにとても苦しんでいるというのに、そういう人々にいきなり「亡くなった方の事を話してほしい」と頼み、相手が大切な人を失った悲しみや怒りや苦悩を訴えようとしてもそれには全く取り合わずに「誰を愛し誰に愛され誰に感謝されたか」という自分の悼みの儀式に必要な3点セットだけを聞き出そうとして、結果的に遺族を怒らせたり悲しませたりしてしまうのはどうなんだろう失恋

殺人犯人などに対しても「その被害者を3回悼んだら犯人の事も悼んでよしとする」という「静人ルール」も良くわかりませんね爆弾

しかも後半では静人のラブストーリーも展開されてしまうので黒ハート
それまでの行動の全てがやはり自己満足に過ぎないのではという疑問を抱いてしまうんです𕾖


そんな静人に比べて、むしろ私が興味を惹かれたのは母親の巡子さんひらめき

病気で医師から命の期限を告げられ、悩み迷いつつも最後まで自分らしく生きる道を模索していく姿がとても印象的でしたぴかぴか(新しい)

次第に病気の症状が重くなっていく日々の中で、人間関係が苦手な夫をサポートし、悩みを抱える娘を支えながら、「悼む人」となって旅を続ける静人を理解しようと努力するなんて、滅多に出来る事ではありませんよね。

そんな巡子さんがひたすら待っているのが息子・静人の帰宅だというのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)

静人はどうして見ず知らずの死者を悼もうとするのに、目の前や身近で苦しんでいる生者には目もくれようとしないのでしょうか。
悼む相手の亡くなった理由や遺族の思いをいちいち受け止めていては自分の心がもたなくなって、全ての人を悼むことが出来なくなるから・・・という様な理由が書かれてはいますが、それならば何故「全ての亡くなった人」を自分ひとりで悼んで回らなくていけないのでしょうか・・・𕾕

世の中には理不尽な死がたくさんあるかもしれないけれど
例え天寿を全うした様に思える死であろうと、手篤い看病を受けた末の死であろうと、死はやはり残された者には大きな喪失だろうし、それならば静人は事故や事件の現場よりも葬儀場や教会や寺へ行くべきなのかもと思ってしまったりするんです

「亡くなった場所」にこだわらなければ、故人の知り合いという事にしてお葬式にもぐりこんだ方が、遺族に嫌な思いをさせる事なく故人の生前のエピソードを聞くことが出来るのではないかなぁ・・・でもそれじゃ小説になりませんよね𕾵あせあせ(飛び散る汗)

いっその事、この小説では静人本人の視点による部分は全て無しにして手(パー)、周りの人々の視点からだけの物語だったら良かったのではないかと私は思いますグッド(上向き矢印)

「悼む人」を見た、という目撃談やそれを追う記者の葛藤、そして静人をひたすら待ち続ける家族が、ゴドーを待ちながらみたいに実際には登場しない静人の事を語ることで「悼む人」の輪郭を描いていく様な形式にしてくれたら良かったのにな~というのが私の正直な感想です、この小説ファンの方ごめんなさいm(_ _)m

**************************************

ですが、個人的な色々な意味で印象に残る本でした本

巡子さんの病状の進み方はライカのそれに似ていて思わず胸が詰まる部分がありましたし病院

愛する者を突然、死によって奪われる苦しみ悲しみ怒りは本当に耐え難いものであろうと思うけれど、長く患う相手を支え続ける事も決して楽ではないという事とか。

そう言えばライカが亡くなってから会う人に良く「思ったよりも元気そう」と言われる飼い主ですが、それは別に私が強いからでも、全てを吹っ切れているからでもなくて

ライカが亡くなるまでの2年間に散々悩んで迷って、泣いて泣いて泣き尽くしたからかもしれません𕾕𕾕𕾕

だからもしかしたら本当に助けが欲しいのは、亡くなった後とは限らないないかもしれない、と私は思います。

ライカの病状が進むに連れて「辛くてブログを読めない」と言われる事も度々ありました。
あまり読んで下さる方に不快感を与えない様に、暗い記述だけにならない様にとは心がけていたつもりですが・・・

でも、当事者はその「読むに耐えない」現実を生きているのですよね。
本人や家族は、その現実から逃げる事も見ないふりをする事も出来ないです。
ですから病気が重くなるに連れて、周りの人が徐々に離れて行ってしまう様な、自分だけが取り残されていく様な孤独を感じることもあります。

このブログをご覧頂いている皆さんの中には、病気の子を抱えた飼い主さんが沢山いらっしゃると思います𕾢

完治が難しい病気だと、飼い主は時にすごく孤独になりますよね
そういう飼い主さんの側に、共に歩いてくれる人がいてくれます様に𕾘
獣医師でも家族でも友達でも、あなたの悩み苦しみ迷いを真摯に受け止めたり、エンドレスな愚痴を聞いてくれる人がひとりでもいてくれます様に耳
そういう人が、大切な相手を失った後もそっとあなたに寄り添ってくれます様に揺れるハート

亡くなってからだけ悼むのではなくて、助けが必要な「今」を支えてくれる人が皆さんの側にいて下さる事を心から祈りますぴかぴか(新しい)


****************************

今夜、シオンが大きな発作を起こしてしまいました爆弾

ここのところ体調が良く安定した日が続いていましたが、やはり難しい病気を抱えているという事を忘れずにしっかりサポートしていかなくてはと思っています手(グー)
posted by 雨 at 23:13| Comment(3) | 壊死性髄膜脳炎(NME) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

「超」頑張ってるシオンの3年☆

シオンが病気になったのは、3年前の春分の日でした𕾕

最初に発病したのは壊死性髄膜脳炎(NME)爆弾
脳外科のジャニーズ先生からは「早ければ半年以内、長くても2年位かも」と言われました

半年後に今度は免疫介在性溶血性貧血(IMHA)どんっ(衝撃)
ブラピ先生から何度も「いつ何が起きるかわからないので」と言われました

毎日お薬をいっぱい飲んだり𕾣、何度も入院して輸血や治療をしたり𕾢

それでもシオンは頑張ってきました手(チョキ)

2010032015520000.jpg
「お母はんの分も頑張りますのや手(グー)

シオン、本当に良く頑張って偉いねかわいい

さすが女王様の娘𕾬

にっこり笑った可愛い写真が撮れてうれしい飼い主です黒ハート

2010年03月19日

ポコちんブローチ!

私がライカのブローチを作ったのを見て目

相方が「自分も欲しい」と言い出しましたあせあせ(飛び散る汗)

という訳で・・・ひらめき

2010031915300000.jpg
ポコちんブローチぴかぴか(新しい)

モデルにしたのは、2006年1月15日の記事に出てる「テディ・ポコ」の写真るんるん

今回も安藤七宝店さんにお願いしました家

「男性が着けても派手すぎない感じに」というお願いにも快く応えて下さいました𕾗

それでは本物のモデルさんと記念撮影カメラ

2010031915310000.jpg

「ボクが本物のモデルでんがな手(チョキ)

モデルがモケモケ過ぎて原型とどめてまへんがな~𕾵あせあせ(飛び散る汗)
posted by 雨 at 22:31| Comment(5) | わんこグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

今度は3匹で

2010031811210000.jpg

お昼寝中(*^^*)
posted by 雨 at 11:22| Comment(5) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝起きこーちゃん

2010031807310000.jpg
ひどくね?(^_^;)

C「ボクのこんな姿を載せないでくだちゃい〜」
posted by 雨 at 08:01| Comment(4) | 4マル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする